アドセンスブログ月収10万円の現実「間違ったノウハウで2年間稼げず」 | ブログ研究室

アドセンスブログ月収10万円の現実「間違ったノウハウで2年間稼げず」

ノートPCと机アドセンスブログ

アドセンスブログで稼ぐには大量のアクセス(PV)を集める必要がありますが、「ブログで稼ぐ」の一つの目安である月収10万を稼ぐには何をしないといけないのか?具体的には

  • 何記事書かないといけないのか?
  • 作業時間はどれだけなのか?
  • どんな記事を書いたのか?

など、副業ブロガーだった私が、アドセンスブログ一本で月収10万円を達成した時のことを包み隠さず公開します。ノウハウもコツも数えきれないほどあるブログ界隈ですが、情報を公開することで「ブログで稼ぐ」のイメージが少しでも具体的になると思います。

初のアドセンス収入は「202円」-2018年

私がアドセンスブログを始めたのは2018年の1月でした。当時の私はブログのブの字も知らない、知識ゼロの初心者ブロガー。同時にアドセンスコンサルを申し込んでブログをスタートさせました。

マネタイズ(収益化)の方法はアドセンスのみ。最初の関門であるアドセンス審査にはサクッと合格し、稼ぐための記事を書き始めたのは実質2月、収益は202円でした。

書いていた記事はテレビネタ。Yahooテレビ欄から適当な番組を探して、出てきた芸能人・俳優のプロフィールやお店について書くという、どこにでもありがちな記事がほとんど。今では消した記事も多いですが、2月に書いた記事は12記事前後。

1記事あたり1~2時間だったので、トータルの作業時間は30時間あたりでしょうか。時給だと約7円、これだとモチベ的に考えない方がいいレベルですね。

201802アドセンス収益画面

アドセンスブログで初の10万達成-2018年9月

テレビネタ以外だと、当時はAbemaTVがアツいと言われていたので恋リア(恋愛リアリティーショー)番組の記事を書いたりしてました。

今ふり返ると、一発屋ではあったものの、アクセスが集まった理由は確かにありました。しかし当時はその理由に気付かず、ただただ記事を量産する毎日だったのを覚えています。

参考記事:ブログ歴2カ月で月1万PV!アドセンスで稼いだ記事ネタや書き方を公開

そこからは月30記事ほど書く日々が続くことに。月の作業時間はだいたい60時間ぐらい。初めて月収10万円を達成したのは9月なので、トータル8カ月かかったということになりますね。

具体的な数字は次のとおりです。

最初からアドセンスコンサルを受けていたからか、収益の伸びは割とスムーズ。独学でやっていたら、もっともっと時間がかかって挫折していたかもしれません。しかし私の場合、ここから長い間伸び悩むことになってしまいます。

  • 2018年3月 26記事、3,000円
  • 2018年5月 31記事、2万円
  • 2018年6月 24記事、7万円
  • 2018年8月 43記事、4万円
  • 2018年9月 38記事、133,068円
201810アドセンス支払画面

ブログ収益右肩下がり-2019年

初めてブログで10万円を達成して気が抜けたのか、10月~12月はブログほぼお休み。月10記事も書いていなかったので収益は当然下がりますが、月数万の収入は残っていました。半分不労所得気分です。

記事のペースがようやく復活してきたのは、年が明けた4月ごろから。けれどもこの時期から書いても書いても稼げない、暗黒期に突入します。

  • 2019年4月 15記事、1.3万円
  • 2019年5月 23記事、2万円
  • 2019年6月 26記事、2.6万円
  • 2019年7月 28記事、1.7万円

記事数と収益を見比べると、努力が実を結んでいない感がすごいですね。記事が増えても収益が増えていないので、当たるかどうかが完全に運任せ状態。この間もアドセンスコンサルは続いていましたが、先が見えなくて辛い時期だったことをよく覚えています。

記事ネタは相変わらずテレビネタ中心。書けばチョロチョロとアクセス来ることはあったものの、アクセス爆発とはほど遠い状態です。1回は10万達成できたものの、完全にビギナーズラックだったということ。再現性がないので2度目が出てきません。

ちなみに10万円達成した時も、書いたのはテレビネタではありませんでした。テレビネタ=稼げないという訳ではないのですが、正しい狙い方・書き方をしないとアクセスに繋がらないという良い例ですね。

そうこうしているうちに2019年はモチベ下がって終了。書いても稼げないんだから当然といえば当然かもしれませんね。もう1度復活できたのは2020年の12月でした。

ブログ月収が安定-2020年12月

ブログの収益はどんどん下がっていきましたが、それでもブログコンサルは継続。それでも収益が復活することはなく、稼いだお金はそっくりそのままコンサル代金に消えていく始末。当時のコンサル代も数十万なので完全に赤字です。

結局、いつまでも結果が出ないので2020年7月にはコンサル打ち切り。期間は続いていたので幽霊部員状態だったのですが、こちらから連絡を取らなくなって以来、コンサルタントからの連絡は一切なし。

料金はすでに一括で払い終わっていたとはいえ、さすがに寂しいものがありますね。当時の収益と記事数はこのようになっていました。

  • 2020年1月 34記事、9,000円
  • 2020年2月 18記事、6,000円
  • 2020年3月 15記事、1万円
  • 2020年4月 24記事、5,000円
  • 2020年5月 5記事、1万円
  • 2020年6月 7記事、8,000円
  • 2020年7月 19記事、1万円

7月にアドセンスブログのコンサルを切り替えてからは、テレビネタ以外も広く狙っていくことに。応用がきくノウハウだったので、テレビネタに限らずトレンドネタは何でも扱えるようになりました。記事のバリエーションも広がって、12月には再び10万円を達成。

この時期になると、アクセスの様子も変わりました。時間が経っても読まれる記事がだんだんと増え、記事が書けない日でもアクセスが安定してきます。記事を書く時の考え方が変わってきたからですね。

アクセス安定→新記事でアクセス増加→ドメインパワー→楽に上位表示→アクセス爆発→アクセス安定・・・のサイクルが完成。10万円は楽に達成できるようになり、ここから現在まで収益は右肩上がりの状態です。

  • 2020年12月 25記事、105,880円
  • 2021年2月 21記事、142,360円
  • 2021年8月 36記事、318,181円
2021アドセンス支払い記録

1記事にかかる時間は増え、平均して3~4時間ぐらい。1カ月に直すとおよそ70~80時間ぐらい、1日2~3時間のペースですね。

結局、ブログはずっと会社に行きながら副業で続けてる状態でした。なのでどれだけ月の時間や記事数を増やそうとしても限界はあります。

ただし同じ時間を使っても、記事の中身には天と地のような差がありました。一度比べてみたのですが、その差は歴然です。

参考記事:副業ブログで稼げない記事を60万PVネタと比べて公開処刑してみた

アドセンスブログで稼ぐコツ

自分の場合はブログコンサルを変えたことがきっかけで月収が大きく変わりましたが、大きな違いは記事のネタ元というよりも記事の需要。記事ネタが変わったのも大きいのですが、そもそも需要がないところで記事を書いていたのが一番の原因でした。

もちろん、他のライバルがどんな記事を書いているかも重要。トレンドネタを扱うブログには、いわゆる「いかがでしたか記事」を量産しているところも多いですが、当然そんな薄っぺらい記事で稼げるはずはありません。

金太郎アメのような記事が多いトレンドブログですが、それは逆に言えば「きちんとした記事」を書けば差別化できるということ。

トレンドでも特化サイトでも、需要のあるところで「ライバルと差別化し、読者の読みたい内容を書く」が大切なのは変わりません。

どういう風に記事を書いていけばいいのか?は、記事だけでなくLINE登録者にのみお渡ししている動画や記事でも解説しています。

ブログのPVが伸びずに悩んでいるかたはぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました