ブログ歴2カ月で月1万PV!アドセンスで稼いだ記事ネタや書き方を公開 | ブログ研究室

ブログ歴2カ月で月1万PV!アドセンスで稼いだ記事ネタや書き方を公開

初月間1万PV達成アドセンスブログ

収入目的にブログを始めた人、または始めようと思っている人にとって「どれくらい稼げるのか」というのは気になるポイントだと思います。

私がアドセンスブログを始めた時はブログ開始2カ月で月間1万5千PVを達成しました。その時のアドセンス収入や記事数、作業時間や記事の書き方などのポイントをお伝えしていきます。

ブログ月1万PVを2カ月で達成した時のくわしい話

記事数は約40記事

私がブログを始めたのは2018年1月で、ブログの目的は副業収入を増やすためでした。ブログは中古ドメインを使うこともなく、サーバーを契約して新規ドメインで始めた、完全0からのスタートです。

最初はアドセンス審査用に記事を10記事ほど書き、審査に合格するまでは記事更新を一旦ストップ。アドセンス審査に合格できたのは2月19日でした。

合格した嬉しさそのままに、2月下旬~3月の間はアドセンスで稼ぐための記事を書き続けることに。3月が終わるころにはブログのPVが月1万を突破していました。

月1万PVを初めて達成した、2018年3月のアナリティクス画面がこちらです。

1万PVを達成するまでに書いた記事は全部で約40記事。内訳は以下の通りです。

月1万PVを達成するまでに書いた記事数

  • 2018年1月 アドセンス合格
  • 2018年2月 12記事
  • 2018年3月 26記事

書いた記事数については、2月も3月も平均して1日1記事ぐらいでした。

土日などたまに時間が取れた時にまとめて書く日もありましたが、逆に記事を書けない日もあったので平均するとやっぱり1日1記事。

記事ごとのPVにはかなりバラつきがあるものの、結局は毎日コツコツと記事を積み重ねていった結果というイメージですね。

記事の文字数は6万文字

この記事を書くために文字数を調べてみたら、全部で6万文字でした。

6万文字と書いてしまうと途方もない量に見えますが、1記事あたりに直すと約1500文字。当時も今も、文字数をわざわざ稼ごうとするつもりはなく、書くべきことを書いたら自然とこれぐらいの文字数になったという感触です。

記事を書く時間は約80時間

1記事を書くのにかかった時間は約2時間。トータルだと月80時間ぐらいです。

当時の私はサラリーマンだったので、作業できる時間は平日の夜と土日のみ。この作業時間だと一気にまとめて書くというのは難しいので、毎日少しずつ記事を投稿していくのが一番実現しやすい方法だと思います。

ブログ月1万PVのアドセンス収入

広告収入はアドセンスのみで、A8netなどのASPは全く使っていませんでした。ひたすらPVを集めることに集中→3月の最後に書いた記事がアクセス爆発→一気に1万PV越えという形です。

ちなみにこれが前月、2月のPVです。3月が1万5千PVなのに対して、2月はたった400PV。一番PVが集まっているのがトップページ「/」だという始末。

月1万PVを達成した3月もそうでしたが、ブログのPVはじょじょに伸びるものではなく、ある時一気に上がるものだということがよく分かりますね。

できればアドセンス収入のスクショも載せたかったのですが、アナリティクスとアドセンスの両方を使っているブログについては、スクショを載せるのは規約によりNGとのこと。

アドセンス規約によると詳しい数字を載せるのもNGとの話なので、ぼかした数字になりますがアドセンス収入の平均である「1PV=0.2~0.4円」の範囲内でした。

最短でブログ1万PVを達成する記事の書き方

ネットで調べてみると、ブログを書くのに大切はことはたくさん出てきます。しかしブログを始めたばかりのブロガーが手っ取り早く月1万PVを達成する場合、必要なことはそこまで多くありません。

【最重要】新しいキーワード(=トレンド)を狙う

最短でブログ1万PVを達成するためにまず大切なのは、トレンドを狙うこと。特に記事のタイトルや見出しのキーワードを決める時は、新しく生まれたキーワードを狙うというのが一番重要なことです。

「トレンド」という言葉はどの分野でも使われていますが、ブログの場合の「トレンド」というのは「記事を書く時に、話題になっている人やモノ」ということ。

なのでブログを書く時は「トレンドネタを探す」ことから始めるのが第一歩になります。

これは逆に言えば、「自分の知っていることから書き始める」のはNGということ。趣味や仕事のことを書いて稼ぐというのも定番のやり方ですが、その方法だと収入が発生するまでには長い時間がかかるというのが現実です。

「新しく生まれたキーワードを狙う」というのは今でも使えるやり方で、私がこの2年後に1記事で60万PVを達成した時も同じやり方でした。

参考記事:副業ブログで稼げない記事を60万PVネタと比べて公開処刑してみた

ライバル記事をチェックする

次に重要なのが、狙ったキーワードで実際に検索してみること。その目的はライバルサイト、ライバル記事をチェックすることですが、これは先ほど「新しいキーワードから狙う」と書いた理由にも関係してきます。

記事を書き始めたばかりの弱小ブログは、ドメインパワー(=Googleからの評価)が最低の状態。ドメインの強さで他のライバルに負けている状態だと、何を書いても記事が検索結果の上位に表示されることはまずありません。

SEO(=検索流入)ではなくTwitterのようなSNSからの流入を狙うという方法もありますが、Twitterで記事をバズらせるのも簡単ではありません。

ブログに慣れない人は、ブログとTwitterを両方同時に続けていくということも難しいのではないでしょうか。

弱小ブログは力が弱いので、他のライバルサイトには勝てない。なのでなるべくライバルが少ないキーワードを探す必要があるのですが、ライバルが少ないキーワードが生まれやすいのが、トレンドネタなのです。

当たった記事からネタを広げていく

トレンドネタを調べて、ライバルの少ない穴場キーワードを見つけたら書く。これを繰り返すとどこかで「当たる記事」というのが出てきます。

1度当たれば月1万PVまでは後一歩で、最後にやるべき事は当たった記事の横展開です。言いかえると、アクセスが集まっている記事からネタを広げて、関連記事として書いていくということ。

私が始めて月1万5千PVを達成した、2018年3月の記事PVをグラフにしてみました。私の場合は月1万PVを達成するまで40記事書きましたが、実際にPVがたくさん集まった記事はほんの2~3記事。

アクセストップの数記事(①~③)だけで大量のアクセスを集めて、あとの数十記事にはあまりアクセスが集まっていないことが分かると思います。

1万PV達成時のグラフ

さらに補足すると、ここでアクセスを集めている①~③の記事はどれも内容が似ている記事。いわゆる関連記事というものですが、それまで書いていた37記事とは全く無関係な内容の記事でした。

①の記事が爆発したことをきっかけに、②、③とネタ元を深掘りして関連記事を書いていくのがアクセスを伸ばすコツです。

月1万PVを達成した時の記事ネタはAbemaTV

記事のネタ元についても最後に少し説明すると、私が当時書いた記事はAbemaTVでした。AbemaTVには「恋愛リアリティーショー(=恋リア)」番組がたくさんありますが、その中からいくつか選んで記事にしたという形です。

ただし今から恋リア番組の記事を書くのはあまりオススメしません。その理由は「ライバルが多いから」で、今から記事を書こうと思っている人は少し待った方がいいと思います。

AbemaTVの恋リア番組は今でも定期的に話題になり、新しいキーワードも生まれるトレンドネタです。しかしドメインパワーが強いライバルがたくさんいて、ブログを始めたばかりの人が書くネタとしては難しいでしょう。

実際にキーワードを入れて検索してみるとよく分かりますが、恋リア番組の記事を書いているのは強いサイトばかり。私が2018年にこの記事を書いて稼げた理由は、単にその当時のライバルサイトが少なかったからですね。

月1万PVの近道は新しいキーワードを狙うこと

ネタ元が無くなってしまったのは残念ですが、ブログ初心者が狙うべきキーワードは「ライバルが少ない」キーワードであることには今も変わりありません。そしてライバルが少ないキーワードというのは、言い換えれば新しいキーワード

世の中には常に新しい話題(=トレンド)が生まれ、トレンドからは新しく検索されるキーワードが毎日生まれています。月1万PVを最短で達成するには、トレンドネタを中心に新しいキーワードを狙うのが初心者向けの戦略です。

わたしはこの戦略を続けたことで、月収10万円までは稼げるようになりました。しかし実は、新しいキーワードを狙うだけではブログの本質的なスキルは身につきません。

私がそのことに気がついたのはそれから2年後。この間に収益はずっと下がり続け、ついには5,000円にまで落ち込みました。

ブログで稼ぎ続けるには、新しいキーワードを狙うだけでなく記事の差別化が必要です。

参考記事:アドセンスブログ月収10万円の現実「間違ったノウハウで2年間稼げず」

すでにブログはたくさんの人が始めていて、同じような記事は世の中にありふれている。グーグルもそのことには気付いていて、差別化できていない記事は検索結果にインデックスすらされなくなっています。

ブログを書いても、稼ぐどころか読まれすらしない。これが何ヶ月も続いて挫折する前に、記事を書くときには新しいキーワード狙い+記事の差別化を試してみてください。

どうやって記事を差別化するのか?はLINE読者にだけ配信しています。他のサイトに埋もれない、オリジナリティのある記事を書きたい方はこちらもどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました